vimのアウトライン

テキストエディタは普段 vim を使っている。軽いし、どこでもあるし、プラグインを追加すれば色々便利になる優れものだ。

アウトラインが必要なときは unite-outline プラグインを使っているんだけど、なぜかC言語系ではうまくいかない。

そこで、taglist.vim を代わりに使うことにする。

前準備

taglist.vim ではタグを取得するために、exuberant-ctags を使うらしい。macやLinuxではすでに ctags (BSD ctags) がインストールされているけど、これと exuberant-ctags は別物。
確認方法は

ctags --version

で情報が表示されたら exuberant-ctags がインストール済み、表示されず

$ ctags --version
$ crags: illegal option -- -
$ usage: ctags [-BFadtuwvx] [- tagfile] file ...

と表示されたら、BSD ctags。何も表示されなければ、インストールされてない。

Mac OSX の場合、最初から入っているのは BSD ctags なので、homebrew を使って exuberant-ctags をインストールする。

$ brew install ctags

自分の場合は

/usr/local/bin/ctags

にインストールされた。バージョン確認すると

$ /usr/local/bin/ctags --version
$ Exuberant Ctags 5.8, Copyright © 1996-2009 Darren Hiebert
$   Complied: Nov 1 2012, 16:07:50
$   Addresses: dhiebert@users.sourceforge.net, http://ctags.sourceforge.net
$   Optional compiled features: +wildcards, +regex

とちゃんと表示される。

/usr/local/bin/ctags が優先されるようにパスを設定する。.bashrc に以下を書き込み。

(.bashrc)
PATH=/usr/local/bin:"$PATH"
export $PATH

設定を反映

$ source .bashrc

taglist.vim のインストール

プラグインは vundle.vim で管理させている。taglist.vim は vim-scripts プラグインなのでインストールが簡単。

.vimrc 内に

(.vimrc)
Bundle 'taglist.vim'

と記述して vim のコマンドモードで

: source ~/.vimrc
: BundleInstall

を実行するとあとは自動でインストールされる。

taglist.vim の設定

.vimrc 内に

(.vimrc)
set tags=tags
let Tlist_Ctags_Cmd = "/usr/local/bin/ctags"
let Tlist_Show_one_File = 1
let Tlist_Exit_OnlyWindow = 1
map <silent> <leader>tl :TlistToggle <CR>

を記述。ここを参考にした。

これで、コマンドモードで<leader>tl を入力すれば、アウトラインが表示される。

Bundle Installできないとき

vundle はプラグイン管理に git を使っている。なぜか vim-scripts プラグインがインストール出来ない場合がある。どうやらSSLの証明書関連の問題らしい。~/.gitconfig に以下を追加

(.gitconfig)
[http]
	sslVerify = false

これだと、git で証明書がチェックされないから本当は良くないと思うけど、解決法がわからない。。
参考

コメントを残す